代表者挨拶

 
 

株式会社JAPAN IMEXはこれまで廃棄処分に回っていた中古車、車の部品や家電品など、メイドイン ジャパン ユーズド・イン・ジャパンの輸出を行ってまいりました。なぜこれほどまでに日本の商品が世界から信頼されるのか。それは、日本の長い歴史の中で培われた技術や美意識が日本のモノづくりにより、信頼という価値を創り出されてきました。そこには先人たちが築きあげた日本人の心が信頼を創りあげ、現在の私たちがいます。先人たちが築きあげてくれた命のバトンを繋ぎ今後とも、「貿易から民間外交」人種を超えた人と人を繋ぐ架け橋となり、世界中に日本のファンづくりをしてまいります。

また、日本は人口減少していく中、自国での生産量を人口に合わせた減少をしてしまえば衰退になってしまいます。

弊社では、自国の生産率の向上に向け、第一に日本食文化を守り、農業、日本食の海外輸出を推進し新規事業として参入してまいります。

 
 
 

株式会社 JAPAN IMEX

 
 
 

小野 利隆

 
 

〜会社概要〜

 

会社名 

英文名​

設立

資本金

代表者

従業員数​

事業内容

 

 
 
 
 
 

取引銀行

法人登記

 
 
 
 
 
 

株式会社 JAPAN IMEX 

JAPAN IMEX Co.,LTD.

2008年12月8日

1,000万円 

代表取締役  小野 利隆

​4名

・中古・自動車関連部品・農機具 その他 輸出

 

・輸出入代行サービス 食品・酒類・食品加工・雑貨輸出入

 

・WEBホームページ・ECサイト作成

 

​コンサルティング

三菱UFJ銀行・中南信用金庫・横浜銀行

  

神奈川県平塚市めぐみが丘2−3−10

 
 
 
 
 
sdg_icon_04_ja_2.png
sdg_icon_10_ja_3.png
sdg_icon_16_ja_2.png
sdg_icon_17_ja_2.png

日本国内では産業廃棄物の排出量はいまだ多く、使用可能な物が廃棄物として処理をされてしまう現状です。

モノを生産する動脈産業の廃棄物の排出量の軽減に向け静脈産業として循環型、グローバル・リサイクルとして中古自動車、中古自動車オートパーツの輸出を行っております。

また、輸出先である発展途上国での雇用の促進、地球環境の維持と持続可能な経済発展に向け循環型ビジネスモデルの構築に取り組んでいます。